AppleWatch GPSブイを気兼ねなく使うため保護フィルム貼りました

気兼ねなく使うため

      

    • 埃が入らないように気を付ければ問題なし、トータル1分もかかりませんでした

AppleWatch 和時計の24節気改良

二十四節気とは

  • 国立国会図書館HP」より引用
    • 二十四節気(にじゅうしせっき)は、今でも立春春分夏至など、季節を表す言葉として用いられています。1年を春夏秋冬の4つの季節に分け、さらにそれぞれを6つに分けたもので、「節(せつ)または節気(せっき)」と「気(中(ちゅう)または中気(ちゅうき)とも呼ばれる)」が交互にあります。太陰太陽暦(旧暦)の閏月を設ける基準となっており、中気のない月を閏月としていました。二十四節気は、その年によって1日程度前後することがあります。

 

今まで

  • 2024年2月26日 二十四節気を追加
    • //======================================================================

      // 今日が24節気かどうか調べる

      // 引数  .... 計算対象となる年月日 year month day

      // 戻り値 .... 24節気の名称

      //======================================================================

      func get24Sekki_bak(year:Double, month:Double,day:Double)-> (String ) {

          let sekkiName = ["春分","清明","穀雨","立夏","小満","芒種","夏至","小暑","大暑","立秋","処暑","白露","秋分","寒露","霜降","立冬","小雪","大雪","冬至","小寒","大寒","立春","雨水","啓蟄"] // 24節気の定義

          var JD: Double

          var JD1: Double

          var JD2: Double

          var t: Double

          var today: Int

          //今日の太陽の黄経

          JD = ymd2jd(yea: year, mont: month, ysDay: day)    //ユリウス日の計算

          JD1 = floor(JD)    //時刻引数を分解する

          JD2 = JD - JD1

          JD2 -= 9.0 / 24.0

          t = (JD2 + 0.5) / 36525.0

          t = t + (JD1 - 2451545.0) / 36525.0

          today = Int( LONGITUDE_SUN(t:t))

          today    = Int( 15.0 * floor( Double( today ) / 15.0 ))

          return( sekkiName[ today/15 ] )

      }

    • 節気が変わるまで同じ節気を表示

 

改良

  • 二十四節気の日は、節気名の頭に”*”を追加する。その後日からは、節気名のみとする
    • //======================================================================

      // 今日が24節気かどうか調べる

      // 引数  .... 計算対象となる年月日 year month day

      // 戻り値 .... 24節気の名称

      //======================================================================

      func get24Sekki(year:Double, month:Double,day:Double)-> (String ) {

          let sekkiName = ["春分","清明","穀雨","立夏","小満","芒種","夏至","小暑","大暑","立秋","処暑","白露","秋分","寒露","霜降","立冬","小雪","大雪","冬至","小寒","大寒","立春","雨水","啓蟄"] // 24節気の定義

          var JD: Double

          var JD1: Double

          var JD2: Double

          var t: Double

          var today: Int

          var tomorrow: Int

          //今日の太陽の黄経

          JD = ymd2jd(yea: year, mont: month, ysDay: day)    //ユリウス日の計算

          JD1 = floor(JD)    //時刻引数を分解する

          JD2 = JD - JD1

          JD2 -= 9.0 / 24.0

          t = (JD2 + 0.5) / 36525.0

          t = t + (JD1 - 2451545.0) / 36525.0

          today = Int( LONGITUDE_SUN(t:t))

          //明日の太陽の黄経

          JD += 1

          JD1 = floor(JD)    //時刻引数を分解する

          JD2 = JD - JD1

          JD2 -= 9.0 / 24.0

          t = (JD2 + 0.5) / 36525.0

          t = t + (JD1 - 2451545.0) / 36525.0

          tomorrow = Int( LONGITUDE_SUN(t: t))

       

          today    = Int( 15.0 * floor( Double( today ) / 15.0 ))

          tomorrow = Int( 15.0 * floor( Double( tomorrow) / 15.0))

          if today != tomorrow {

              return( "*" + sekkiName[ today/15 ] )

          }else{

              return( sekkiName[ today/15 ] )

          }

      }

       

ここまで読んでいただき、ありがとうございます

 

 

魚釣り 【ウキ】

来週の釣行にあたり、ウキを購入しました

  • メインはイカダ釣りなので、ウキはあくまでもサブ(気分転換として使う)
  • 根がかりして、ロストすることがあるので、安価なものにしました。高価な永易ウキは持っていきません
  • 浮力が異なるのを2〜3種類用意しました

 

アマゾンさんで買わせていただきました

ここまで見ていただきありがとうございます。

去年2回ほど行き、釣れなかった所にチャレンジします。これ以後、投稿がなかった場合ボウズだったと察してください。では、では!

庭で夏野菜 7 【つるなしインゲン】

裏の庭に植えた記録を書いています

 

  • 6月12日
    • つるなしインゲンですが 二葉になりました。もう少ししたら植え替えしようかな

       

       

  • 6月10日
    • 育たないキュウリの隣に、接ぎ木されたキュウリを新たに植えました

   

  • 6月9日
    • ビーマンは、たくさん花を付け、収穫が楽しみ
    • ナスビは少し遅れてる気がします。やっと初物のナスビが収穫出来そうです

   

 

  • 6月1日
    • ピーマンは、すくすくと育っています
    • ナスビは、花咲くが実が出来ません。みなさんのところはどうでしょうか? 
    • キュウリは、栄養が足りなく、不格好な身になっています。追肥します

  

  • 5月28日
    • キュウリ

     花が2つ咲きましたが、育成のため摘みました。

     もう少し大きくなったら、病気にならないように下の葉も摘みます

     

    • ナス

     大きくなってきたので、添え木で固定しました。

     

    • ピーマン

     花が咲き始めました。花は摘みません

     

 

 

2024年4月28日

気温が27度と暑く、汗かきながらの作業で疲れました

 

  

 

ジムニーJB23【夏の車中泊】

夏の車中泊に向けて

  • 窓を覆いました

  • 夏の夜の暑さ対策を考えていきます
    • 年間数回しか使わない。。。費用は少なく済ませたい
    • 静かにしたい。。。エンジンを使わない
    • エンジンを使わない。。。バッテリーで稼働
    • 扇風機を探す

扇風機

以上。見ていただき、ありがとうございます

庭で夏野菜 6 【キュウリ苗追加】

裏の庭に植えた記録を書いています

  • 6月10日
    • 育たないキュウリの隣に、接ぎ木されたキュウリを新たに植えました

   

  • 6月9日
    • ビーマンは、たくさん花を付け、収穫が楽しみ
    • ナスビは少し遅れてる気がします。やっと初物のナスビが収穫出来そうです

   

 

  • 6月1日
    • ピーマンは、すくすくと育っています
    • ナスビは、花咲くが実が出来ません。みなさんのところはどうでしょうか? 
    • キュウリは、栄養が足りなく、不格好な身になっています。追肥します

  

  • 5月28日
    • キュウリ

     花が2つ咲きましたが、育成のため摘みました。

     もう少し大きくなったら、病気にならないように下の葉も摘みます

     

    • ナス

     大きくなってきたので、添え木で固定しました。

     

    • ピーマン

     花が咲き始めました。花は摘みません

     

 

 

2024年4月28日

気温が27度と暑く、汗かきながらの作業で疲れました

 

  

 

AppleWatch 新しき時報、アラーム リスト一括登録

全てをAppleWatchだけで出来る新しき時報(アラーム)を妄想しています

 

作り方法案

  • 自作の和時計を改良

    

プログラミング

  • アラーム用リストを作成   

  

  1. アラーム時刻リストの表示
    •  定義
      • Pickerの値を配列に7個予定を入れるようにしました
      • 時間は24時間。分は5分間隔としました 
      • //bellSet

        @State private var selectionValueTime = [8,8,8,8,8,8,8]

        @State private var selectionValueMini = [0,0,0,0,0,0,0]

        @State private var selectionValueOffs = [0,0,0,0,0,0,0]

        @State private var selectionStateFlag = [false,false,false,false,false,false,false]

        let valueTime = ["00","01","02","03","04","05","06","07","08","09","10","11","12","13","14","15","16","17","18","19","20","21","22","23"]

        let valueMini = ["00","05","10","15","20","25","30","35","40","45","50","55"]

         

    •  時刻をPickerで、アラームの有無をToggleで作成
      • func bellList() -> some View {

            VStack {

                Text("No.    Time            FG")

                    .font(.system(size: 16))

                    .frame(width:160, height:18, alignment:.leading)

                

                ForEach(0 ..< selectionValueTime.count, id: \.self) { numVal in

                    HStack{

                        //No.

                        Text(" \(numVal+1) ")

                            .offset(x: 0, y: 7)

                            .font(.system(size: 16))

                        

                        //Hour

                        Picker("", selection: $selectionValueTime[numVal]) {

                          ForEach(0 ..< valueTime.count, id: \.self) { num in

                                Text(self.valueTime[num])

                            }

                        }

                        .pickerStyle(.wheel)

                        .frame(width: 32, height: 36)

                        

                        Text(":")

                            .offset(x: 0, y: 7)

                            .font(.system(size: 16))

                        

                        //minute

                        Picker("", selection: $selectionValueMini[numVal]) {

                            ForEach(0 ..< valueMini.count, id: \.self) { num in

                                Text(self.valueMini[num])

                            }

                        }

                        .pickerStyle(.wheel)

                        .frame(width: 32, height: 36)

                        

                        //Flag

                        Toggle(isOn: $selectionStateFlag[numVal]) {

                            Text("")

                        }

                        .offset(x: 0, y: 7)

                    }

                    .font(.system(size: 12))

                }

                

            }

        }

         

  2. 内周にアラーム時刻を表示 2024年5月25日
    • 江戸時刻表示用関数(edo_mojiban)を利用
    • ForEachで配列数分(今回のリストは個)表示
      • } else if 1 == bellWiewFlag {

            ForEach(0 ..< selectionValueTime.count, id: \.self) { numVal in

                if 1 == selectionValueFlag[numVal] {

                    let dosu00 = dosu(v: Double (selectionValueTime[numVal]) + Double (selectionValueMini[numVal]) * 5.0 / 60.0 )

                    edo_mojiban(angle: .degrees(dosu00), jikan: String( numVal + 1 ) )

                }

            }

        }

         

  3. FG(アラームの有無)をToggleに
    • 上記の「1.アラーム時刻リストの表示」に記載
  4. AVFoundation機能でアラーム音を生成
    • 音源
      • ダウンロードしたMP3データを”SHIGU02”として取り込み

       

    • 定義
      •  musicDataとして”SHIGU02”を取り込む
      • import AVFoundation

        省略

        //AVFoundation

        let musicData = NSDataAsset(name: "SHIGU02")!.data

        @State private var musicPlayer:AVAudioPlayer!

         省略

        func musicPlayCall()-> ( Int ){

            do{

                musicPlayer = try AVAudioPlayer(data: musicData)

            }catch{

                print("音の再生に失敗しました。")

                return(0)

            }

            musicPlayer.play()

            return(1)

        }

    • 時刻確認しアラーム音(musicPlayCall)を呼び出す
      1. ForEach(0 ..< selectionValueTime.count, id: \.self) { numVal in

            if selectionStateFlag[numVal] {

                if hour == selectionValueTime[numVal]{

                    if miut == selectionValueMini[numVal] * 5  {

                        if seco < 20 {

                            let ya =  musicPlayCall()

                        }

                    }

                }

            }

        }

         

 5. 許可確認画面を入れます

  • 初期画面を表示し、「いかなる責任を負いません」に同意してから使ってもらう  

              

  • ボタンとアラート(Yes/Noダイアログ)で構成
    • if doui == false {

          Button {

              isShowAlert = true

          } label: {

              Text("ご利用にあたり")

          }

          .alert( "いかなる損害に責任を負いません\n同意しますか?", isPresented: $isShowAlert ){

              Button("いいえ"){

                  doui = false

              }

              Button("はい\n1度ベル鳴ります"){

                  bellIni()

                  let ys = musicPlayCall()

                  doui = true

              }

          }

      message: {

          Text("選択して下さい")

      }

          

      }else if doui == true {

      実際のプログラムはここにおく

       

6.  アラーム時刻を記録します

  • 3つの配列を記録
    • //    //bellSet

      //    @State private var selectionValueTime = [8,8,8,8,8,8,8]

      //    @State private var selectionValueMini = [0,0,0,0,0,0,0]

      //    @State private var selectionStateFlag = [false,false,false,false,false,false,false]

       

      func bellSet(){

          UserDefaults.standard.set(selectionValueTime, forKey: "bellYsTime")

          UserDefaults.standard.set(selectionValueMini, forKey: "bellYsMini")

          UserDefaults.standard.set(selectionStateFlag, forKey: "bellYsFlag")

      }

       

  •  呼び出し

    • func bellIni() {

          let isEnabled: Bool?

          //UserDefaults.standardに設定されているか確認

          if UserDefaults.standard.object(forKey: "bellYsTime") == nil {

              //はじめて使う場合は設定されてないので初期値を入れる

              //    @State private var selectionValueTime = [8,8,8,8,8,8,8]

              //    @State private var selectionValueMini = [0,0,0,0,0,0,0]

              //    @State private var selectionStateFlag = [false,false,false,false,false,false,false]

              UserDefaults.standard.set(selectionValueTime, forKey: "bellYsTime")

              UserDefaults.standard.set(selectionValueMini, forKey: "bellYsMini")

              UserDefaults.standard.set(selectionStateFlag, forKey: "bellYsFlag")

          } else {

              //再起動の場合は、記録されている値を入れる

              selectionValueTime = UserDefaults.standard.array(forKey: "bellYsTime") as! [Int]

              selectionValueMini = UserDefaults.standard.array(forKey: "bellYsMini") as! [Int]

              selectionStateFlag = UserDefaults.standard.array(forKey: "bellYsFlag") as! [Bool]

          }

      }

7.アラーム時刻をローカル通知にしました(2024年6月6日 追記)

   

  

  • アラームを設定し、他のアプリに移動しても、通知(アラート)が出ます

            

  • google先生に問い合わせした結果、見つけました。すみません、活用させていただきます
    • appdev-room.com
    • UNTimeIntervalNotificationTriggerをUNCalendarNotificationTriggerに変えました
    • 「通知をタップされたことを通知する」サンプルプログラムにアラームを追記しました
      • 既に登録済みの通知を削除 deleteAuthorization
      • ベルリストを読み込み 
      • ベルリスト7個をループしselectionStateFlag2がTrueのとき通知をセット
      • func scheduleNotification() {

            //通知の削除

            deleteAuthorization()

         

            //記録されているベルリストを入れる

            selectionValueTime2 = UserDefaults.standard.array(forKey: "bellYsTime") as! [Int]

            selectionValueMini2 = UserDefaults.standard.array(forKey: "bellYsMini") as! [Int]

            selectionStateFlag2 = UserDefaults.standard.array(forKey: "bellYsFlag") as! [Bool]

         

            for numVal in 0...6 {

                if selectionStateFlag2[numVal] {

                    //通知の中身を設定

                    let content = UNMutableNotificationContent()

                    content.title = "Bell \(selectionValueTime2[numVal]):\(selectionValueMini2[numVal] * 5)"

                    content.body = "ScheduledTimeIsUp."

                    content.sound = .default // 音を指定

                    content.badge = 1

         

                    //"指定時間後に通知を発行するトリガー

                    var date = DateComponents()

                    date.hour = selectionValueTime2[numVal]

                    date.minute = selectionValueMini2[numVal] * 5

                    let trigger = UNCalendarNotificationTrigger(dateMatching: date, repeats: false)

         

                    //通知のリクエストを実際に登録する

                    let request = UNNotificationRequest(identifier: "uniqueIdentifier\(numVal)", content: content, trigger: trigger)

                    UNUserNotificationCenter.current().add(request)

             

                }

            }

        }

         

    • 起動時には次の通知時間を設定
      • notificationManager.scheduleNotification()

    • 通知時には次の通知時間を設定
      • notificationManager.scheduleNotification()

         

  • 説明動画を作りました

 

    www.youtube.com

    

 

  •  課題があります。
    • 左上のPickerだけ、緑色になります。(想定外です。落ち着いて見直します)
      • → 未解決
    • アラーム時刻を記憶できない
      • → 完了
 
   最後まで読んでいただき、ありがとうございます

 

AppleWatch 新しき時報、他のソフト利用中でも使える

全てをAppleWatchだけで出来る新しき時報(アラーム)を妄想しています

 

作り方法案

  • 自作の和時計を改良

    

プログラミング

  • アラーム用リストを作成   

  

  1. アラーム時刻リストの表示
    •  定義
      • Pickerの値を配列に7個予定を入れるようにしました
      • 時間は24時間。分は5分間隔としました 
      • //bellSet

        @State private var selectionValueTime = [8,8,8,8,8,8,8]

        @State private var selectionValueMini = [0,0,0,0,0,0,0]

        @State private var selectionValueOffs = [0,0,0,0,0,0,0]

        @State private var selectionStateFlag = [false,false,false,false,false,false,false]

        let valueTime = ["00","01","02","03","04","05","06","07","08","09","10","11","12","13","14","15","16","17","18","19","20","21","22","23"]

        let valueMini = ["00","05","10","15","20","25","30","35","40","45","50","55"]

         

    •  時刻をPickerで、アラームの有無をToggleで作成
      • func bellList() -> some View {

            VStack {

                Text("No.    Time            FG")

                    .font(.system(size: 16))

                    .frame(width:160, height:18, alignment:.leading)

                

                ForEach(0 ..< selectionValueTime.count, id: \.self) { numVal in

                    HStack{

                        //No.

                        Text(" \(numVal+1) ")

                            .offset(x: 0, y: 7)

                            .font(.system(size: 16))

                        

                        //Hour

                        Picker("", selection: $selectionValueTime[numVal]) {

                          ForEach(0 ..< valueTime.count, id: \.self) { num in

                                Text(self.valueTime[num])

                            }

                        }

                        .pickerStyle(.wheel)

                        .frame(width: 32, height: 36)

                        

                        Text(":")

                            .offset(x: 0, y: 7)

                            .font(.system(size: 16))

                        

                        //minute

                        Picker("", selection: $selectionValueMini[numVal]) {

                            ForEach(0 ..< valueMini.count, id: \.self) { num in

                                Text(self.valueMini[num])

                            }

                        }

                        .pickerStyle(.wheel)

                        .frame(width: 32, height: 36)

                        

                        //Flag

                        Toggle(isOn: $selectionStateFlag[numVal]) {

                            Text("")

                        }

                        .offset(x: 0, y: 7)

                    }

                    .font(.system(size: 12))

                }

                

            }

        }

         

  2. 内周にアラーム時刻を表示 2024年5月25日
    • 江戸時刻表示用関数(edo_mojiban)を利用
    • ForEachで配列数分(今回のリストは個)表示
      • } else if 1 == bellWiewFlag {

            ForEach(0 ..< selectionValueTime.count, id: \.self) { numVal in

                if 1 == selectionValueFlag[numVal] {

                    let dosu00 = dosu(v: Double (selectionValueTime[numVal]) + Double (selectionValueMini[numVal]) * 5.0 / 60.0 )

                    edo_mojiban(angle: .degrees(dosu00), jikan: String( numVal + 1 ) )

                }

            }

        }

         

  3. FG(アラームの有無)をToggleに
    • 上記の「1.アラーム時刻リストの表示」に記載
  4. AVFoundation機能でアラーム音を生成
    • 音源
      • ダウンロードしたMP3データを”SHIGU02”として取り込み

       

    • 定義
      •  musicDataとして”SHIGU02”を取り込む
      • import AVFoundation

        省略

        //AVFoundation

        let musicData = NSDataAsset(name: "SHIGU02")!.data

        @State private var musicPlayer:AVAudioPlayer!

         省略

        func musicPlayCall()-> ( Int ){

            do{

                musicPlayer = try AVAudioPlayer(data: musicData)

            }catch{

                print("音の再生に失敗しました。")

                return(0)

            }

            musicPlayer.play()

            return(1)

        }

    • 時刻確認しアラーム音(musicPlayCall)を呼び出す
      1. ForEach(0 ..< selectionValueTime.count, id: \.self) { numVal in

            if selectionStateFlag[numVal] {

                if hour == selectionValueTime[numVal]{

                    if miut == selectionValueMini[numVal] * 5  {

                        if seco < 20 {

                            let ya =  musicPlayCall()

                        }

                    }

                }

            }

        }

         

 5. 許可確認画面を入れます

  • 初期画面を表示し、「いかなる責任を負いません」に同意してから使ってもらう  

              

  • ボタンとアラート(Yes/Noダイアログ)で構成
    • if doui == false {

          Button {

              isShowAlert = true

          } label: {

              Text("ご利用にあたり")

          }

          .alert( "いかなる損害に責任を負いません\n同意しますか?", isPresented: $isShowAlert ){

              Button("いいえ"){

                  doui = false

              }

              Button("はい\n1度ベル鳴ります"){

                  bellIni()

                  let ys = musicPlayCall()

                  doui = true

              }

          }

      message: {

          Text("選択して下さい")

      }

          

      }else if doui == true {

      実際のプログラムはここにおく

       

6.  アラーム時刻を記録します

  • 3つの配列を記録
    • //    //bellSet

      //    @State private var selectionValueTime = [8,8,8,8,8,8,8]

      //    @State private var selectionValueMini = [0,0,0,0,0,0,0]

      //    @State private var selectionStateFlag = [false,false,false,false,false,false,false]

       

      func bellSet(){

          UserDefaults.standard.set(selectionValueTime, forKey: "bellYsTime")

          UserDefaults.standard.set(selectionValueMini, forKey: "bellYsMini")

          UserDefaults.standard.set(selectionStateFlag, forKey: "bellYsFlag")

      }

       

  •  呼び出し

    • func bellIni() {

          let isEnabled: Bool?

          //UserDefaults.standardに設定されているか確認

          if UserDefaults.standard.object(forKey: "bellYsTime") == nil {

              //はじめて使う場合は設定されてないので初期値を入れる

              //    @State private var selectionValueTime = [8,8,8,8,8,8,8]

              //    @State private var selectionValueMini = [0,0,0,0,0,0,0]

              //    @State private var selectionStateFlag = [false,false,false,false,false,false,false]

              UserDefaults.standard.set(selectionValueTime, forKey: "bellYsTime")

              UserDefaults.standard.set(selectionValueMini, forKey: "bellYsMini")

              UserDefaults.standard.set(selectionStateFlag, forKey: "bellYsFlag")

          } else {

              //再起動の場合は、記録されている値を入れる

              selectionValueTime = UserDefaults.standard.array(forKey: "bellYsTime") as! [Int]

              selectionValueMini = UserDefaults.standard.array(forKey: "bellYsMini") as! [Int]

              selectionStateFlag = UserDefaults.standard.array(forKey: "bellYsFlag") as! [Bool]

          }

      }

7.アラーム時刻をローカル通知にしました(2024年6月6日 追記)

   

  • アラームを設定し、他のアプリに移動しても、通知(アラート)が出ます

            

  • google先生に問い合わせした結果、見つけました。すみません、活用させていただきます
    • appdev-room.com
    • UNTimeIntervalNotificationTriggerをUNCalendarNotificationTriggerに変えました
    • 「通知をタップされたことを通知する」サンプルプログラムにアラームを追記しました
      • 既に登録済みの通知を削除 deleteAuthorization
      • ベルリストを読み込み 
      • ベルリスト7個をループしselectionStateFlag2がTrueのとき通知をセット
      • func scheduleNotification() {

            //通知の削除

            deleteAuthorization()

         

            //記録されているベルリストを入れる

            selectionValueTime2 = UserDefaults.standard.array(forKey: "bellYsTime") as! [Int]

            selectionValueMini2 = UserDefaults.standard.array(forKey: "bellYsMini") as! [Int]

            selectionStateFlag2 = UserDefaults.standard.array(forKey: "bellYsFlag") as! [Bool]

         

            for numVal in 0...6 {

                if selectionStateFlag2[numVal] {

                    //通知の中身を設定

                    let content = UNMutableNotificationContent()

                    content.title = "Bell \(selectionValueTime2[numVal]):\(selectionValueMini2[numVal] * 5)"

                    content.body = "ScheduledTimeIsUp."

                    content.sound = .default // 音を指定

                    content.badge = 1

         

                    //"指定時間後に通知を発行するトリガー

                    var date = DateComponents()

                    date.hour = selectionValueTime2[numVal]

                    date.minute = selectionValueMini2[numVal] * 5

                    let trigger = UNCalendarNotificationTrigger(dateMatching: date, repeats: false)

         

                    //通知のリクエストを実際に登録する

                    let request = UNNotificationRequest(identifier: "uniqueIdentifier\(numVal)", content: content, trigger: trigger)

                    UNUserNotificationCenter.current().add(request)

             

                }

            }

        }

         

    • 起動時には次の通知時間を設定
      • notificationManager.scheduleNotification()

    • 通知時には次の通知時間を設定
      • notificationManager.scheduleNotification()

         

  • 説明動画を作りました

 

    www.youtube.com

    

 

  •  課題があります。
    • 左上のPickerだけ、緑色になります。(想定外です。落ち着いて見直します)
      • → 未解決
    • アラーム時刻を記憶できない
      • → 完了
 
   最後まで読んでいただき、ありがとうございます

 

庭で夏野菜 5【草取り】

はじまり

夏野菜を始めました

オクラ物語

  • 2024年6月  2日 ブタバになりました。これで少し安心しました。   
  • 2024年6月 3日 畑の周りに雑草が生えてきましたので、草取りします
    •  作業前

    • 作業後。50cm×50cmのカーペットを敷いてみました

  • 以上です。 みなさん厚くなってきましたので、体調管理には十分気を付けてください

プライバシーポリシー |ページトップへ

`